トップ / インプラントと高齢化社会

インプラントは歯の治療方法の主役

インプラントには植え付けるという意味があり、歯の治療領域の中では、一般的には人工歯根治療のことを指しています。少し前までは差し歯や入れ歯、ブリッジといわれるものが主流となっていましたが、これらはいずれも噛む力が弱くなるという難点がありました。一方インプラントは、人工の歯が骨と結合するため違和感なく噛むことができます。その噛み心地も自分の歯と遜色がなく、高齢化を迎える現代の主役ともいえる治療方法となっています。

インプラントのメリットとは

インプラントとは、事故や病気などで歯を失ってしまった人のための治療法です。なくなってしまった歯の部分のあごの骨に人工歯根を埋め込み、その上に人口の歯を取り付けます。チタンが使われているものが多く、体にやさしく錆びにくいです。入れ歯や差し歯が周囲の歯に負担をかけるのにたいして、インプラントはその歯自体が独立してあごの骨に固定されているので、残ったほかの歯を痛めることなく失った歯を取り戻すことができます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラント関連の新しい常識. All rights reserved.