トップ / インプラントの最近の事情

人工歯根を埋め込むインプラント

インプラントとは失われた歯を補うことのできる治療法です。まず顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯をかぶせます。人工歯根には鉄よりも強度が高い上に重さが約半分しかないチタンが使用されることが多く、唾液などで錆びにくい上に金属アレルギーを発症する可能性が低いという特徴があります。骨に固定するため入れ歯などと違って食べ物を噛みやすいのがインプラントのメリットの一つです。また、見た目も天然歯に近いです。

インプラントと義歯の違い

自分の歯を虫歯などで失った場合にインプラントと義歯どちらを選択しますか。まず、義歯は入れ歯とも呼ばれ失った部分に作った歯を入れます。保険が使える場合が多く、金銭的な負担が少ないです。インプラントは、失った歯の部分にチタン製などのボルトとともに歯を埋める方法です。自分の歯と変わらない外見と噛み心地があるので、ストレスなく利用出来ます。手入れも普段は歯磨きをする程度で大丈夫なので、義歯に比べて手間がありません。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラント関連の新しい常識. All rights reserved.