トップ / 痛くないインプラント治療

インプラント治療について

インプラントとは、失ってしまった歯の部分に、人工の歯根を埋め込む治療です。人工の歯根の上には、歯の形をした被せ物をつけるので、見た目の違いや違和感も少なく済みます。入れ歯とは違い、きちんと固定されるので、まるで本物の歯と同じように、しっかりと物を噛み砕くことができます。また、ブリッジなどの必要がないので、隣の歯を傷つけたりすることとはなく、隣の歯が欠けてしまったり、虫歯になってしまったりすることもほとんどありません。

インプラントは負担が少ない

歯周病や虫歯などが原因で抜歯した後の治療法として、抜いてしまった歯の部分にチタン製の人工歯根を埋め入れて、歯の本来の噛む機能や見た目を取り戻すための治療方法がインプラントです。ブリッジのように、両サイドの健康な歯を削ってから一緒に被せものをすることから、残っている健康な歯に負担を与えることはありません。但し、治療期間が治癒待ち期間も含めて、終了するまで6~9ヶ月掛かるのと、健康保険の適応外の治療となるため費用が高価になります。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラント関連の新しい常識. All rights reserved.