トップ / インプラントの成功率とは

インプラント治療の気になる痛み

インプラント治療は人工歯根を顎に埋め込む、外科的な手術を必要とします。手術と聞くと治療中の痛みが、気になるという方も多いでしょう。人工歯根を埋め込む際は、局所麻酔を行うので痛みは感じません。もし、手術に対する不安が大きいという場合は、半分眠ったような感覚で施術を受けられる、静脈内鎮静法という麻酔法を用いるクリニックも多いようです。施術後の痛みも痛み止めで対処できる程度なので、安心して受けられる治療法と言えるでしょう。

美しさと健康にインプラント

歯周病や虫歯などで歯を失うと、食べ物の消化や他の歯への負担など様々な影響がおこります。口内炎、頭痛などをおこす場合もあります。インプラントは、失った自分の歯のように噛む力が元通りになって健康にはかかせません。失われて歯のない骨の部分に人工歯根を埋め込んで自然な感覚に回復させる技術です。健康だけでなく顎のラインが若返り明るい印象にもなります。固いものなど食生活を豊かに味わい、人とのコミュニケーションでも歯はとても大切です。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラント関連の新しい常識. All rights reserved.