トップ

インプラントの埋入位置決め

インプラントの埋入位置を歯科用CTなどを利用して正確に導き出すのは、綺麗で使いやすい歯にするだけでなく、人工歯根を入れる顎の骨の状態を知るために欠かせないからです。歯が失われてしばらく経つと顎の骨が吸収されてインプラント手術ができない細さにまでなることもあります。骨が細くなりすぎたときには、先に骨を厚くするための移植手術などが必要になってくるので、歯が抜けてしまったら早めに歯科医に行って、手術を受けたいのであれば必要な検査をすぐにも受けたほうが良いです。歯が完全に抜けていなくて半分残っているような状態の時には、骨にダメージを与えない方法で抜歯をしてもらう必要があります。

義歯の埋入位置の重要性

インプラントは顎の骨に歯の土台を埋め入れて義歯を安定させる方法ですが、その土台の埋入位置によっては将来大きな影響を及ぼすことにあるため、十分な注意が必要です。本来歯は顎の骨の一部が変形しているものであり、その形は年齢と共に変形するため、その変形を見越して安全な場所に埋め入れることが重要になります。特にインプラントは健全な顎の骨があって、これに囲まれて維持されている部分が有るため、その顎の骨が変形しても影響を受けない位置に埋め入れることが重要で、かつ互いに干渉しない間隔を空けて埋入位置を決めることが重要です。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラント関連の新しい常識. All rights reserved.